10月の新刊

 

   〔図書名〕   〔著者〕    備考
 猿の見る夢  桐野 夏生 還暦、定年、老後終わらない男の姿を現代社会を活写する著者が衝撃的に描く
 アンマーとぼくら  有川 浩 かりゆし58の名曲「マンマー」に着想を得た書き下ろし感動長編
 あしたの君へ  柚月 裕子 日々葛藤を繰り返しながら一人前の家裁調査官を目指す
 明日の食卓  椰月 美智子 子供に向ける苛立ちと怒りどこにでもある家庭の光と闇を描いた衝撃の物語
 記憶の渚にて  白石 一文 国際的に著名な作家だった兄の謎の死。最新傑作長編
 家康、江戸を建てる  門井 慶喜 ピンチをチャンスに。究極の天下人の面目踊如の挑戦を描く
 息子ってヤツは  室井 佑月 挫折に弱い息子と闘う母の珍喜劇。抱腹絶倒の子育てエッセイ

猿の見る夢   アンマーとぼくら   あしたの君へ

明日の食卓   記憶の渚にて   家康、江戸を建てる

息子ってヤツは